お知らせ

御大典記念事業 御社殿・神楽殿修復銅板ご奉納のお願い

謹啓 皆様には益々ご清栄の御事とお慶び申し上げます。氏子崇敬者の皆様には、当神社護持のため平素より御協力を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。

扨、此度、新帝陛下の御即位を謹んで奉祝し、益々の皇運の隆昌と神社の発展、氏子崇敬者各位の繁栄を祈り「御大典記念事業」として、以下の事業を行うこととなりました。

  1. ① 現在の御社殿は、嘉永3年(1850)に十二代将軍徳川家慶公により再建されたものを、昭和39年(1964)に氏子崇敬者各位の御協力により建て替えられた建物ですが、それより約50年以上の歳月を経て、御本殿をはじめとする御社殿の経年劣化が進んで参りました事から、全面的な屋根の銅板の葺き替えと内装外装の塗り替え
  2. ② 神楽殿は大正年間の建築にて瓦葺きの建物ですが、屋根の軽量化を図り、倒壊の危険の予防とする為に、銅葺きに改修し、風雨に曝されて傷んだ個所の補修

つきましては、皆様におかれましては、本事業に深い御理解を賜りまして、葺き替えに使用いたします銅板のご奉納にご協力下さいますようお願い申し上げます。

末筆ながら、益々の御多幸と御繁栄を御祈念申し上げます。

謹白

平成30年12月吉日

品川神社

銅板のご奉納について

  • 初穂料1枚 3000円
  • 銅板には皆様のお名前やお願い事をご記入いただきます
  • 皆様のお名前が御社殿・神楽殿のお屋根に末永く残ります
  • お納めいただきました方へ記念品をお渡しいたします
  • 受付は平成31年1月1日から開始いたします
  • 時間は毎日9時から17時までとなります
  • 「銅板ご奉納受付」へ直接お越しください